鼻毛脱毛する時の危険性。鼻水が垂れ流しに

鼻毛脱毛する時の危険性。鼻水が垂れ流しに

鼻毛がちょろっと鼻から出ている人を見た事ありませんか?なんとも見苦しい光景ですよね。

 

エチケットとしても鼻毛は処理しておきたいもの。でも鼻毛脱毛には実は危険がいっぱいです。ここでは鼻毛脱毛する時の危険性について解説します。

 

鼻毛脱毛はなぜ危険なの?

 

鼻毛の役割にはいろいろありますが、その一つには花粉やほこりなどが鼻の中に入らないように防いでくれるフィルターの役目があります。肺にほこりなどを吸い込んでしまうと大変です。肺にほこりが蓄積されるとカビが生えてしまう事もあります。鼻毛を脱毛する事でフィルターの役割ができなくなる可能性があります。次に鼻水が止まらないという事も考えられます。鼻毛がないと何が困るかと言うと鼻水がそのまま垂れ流しになる事です。これでは女性としては魅力がなくなります。

 

それから嗅覚も鈍くなります。鼻毛の粘膜に近い部分の毛を嗅毛といい匂いを脳に伝える役目があります。その部分の毛を処理してしまうと匂いの識別能力が落ちる可能性があります。鼻の入り口近くの毛の処理なら良いけれども、鼻の奥の方まで処理するのは危険です。食べ物の味は舌以外にも匂いでも識別しています。ですから食事をおいしくするためにも鼻毛は必要なのです。他には鼻毛の役割としては温度・湿度を保っています。鼻毛には鼻の奥の温度・湿度を調整する働きがあるのです。鼻毛を処理しすぎてしまうと風邪をひきやすくなりますし、花粉症にもかかりやすいです。

 

おすすめの鼻毛処理方法

 

鼻毛カッターがおすすめ。鼻毛カッターは鼻の粘膜には触れない構造になっています。鼻毛処理には一番安全で楽な方法です。それからやめておいた方が良いのは毛抜きで鼻毛脱毛する方法。毛を抜く事により鼻の中が傷つき炎症を起こす可能性があります。デート最中に気が付くとか職場で鼻毛に気が付くとか緊急性がある時以外はしないようにしましょう。鼻毛が出ているとかなり衝撃度は強いです。いかに顔が綺麗な女性でも間抜けに映ります。鼻毛処理はエチケットとしてしっかりしておきましょう。