顔脱毛の効果が表れるまでに回数が必要

顔脱毛の効果が表れるまでに回数が必要

顔脱毛をすると肌が明るくなる、化粧のノリがよくなる、ニキビができにくくなるなどのメリットがあります。

 

しかし、やりすぎは禁物です。では、どのように脱毛をしたらいいのでしょうか。

 

顔の皮膚は非常にデリケートです。シェービングをすると角質まではがれてしまい、紫外線の影響を受けやすくなったり、肌が乾燥しやすくなります。肌が弱くなっているときにメイクをすると刺激になるので、メイクの直前に顔脱毛をすることは控えましょう。また、紫外線の影響を受けやすくなるので、外出前の脱毛も控えた方がよいです。生理前は肌が敏感になっているので脱毛は避けてください。

 

肌の負担を減らすために、脱毛をする前に顔にワセリンやクリームを塗ります。お風呂で脱毛する場合は石けんをつけることがあると思いますが、石けんはつけないでください。皮脂が取り除かれて乾燥しやすくなり、肌が傷ついてしまいます。また、お風呂で脱毛すると傷口から菌が入り込んで化膿する恐れもあります。

 

毛の流れと逆方向に剃ると肌の負担になるので、毛の流れに沿って剃ります。同じところを何度も往復するとダメージが大きくなるので、一度で剃るようにします。

 

皮膚は刺激を受けると固くなる性質があり、何度も顔脱毛をしていると肌が固くなってきてしまいます。頻繁な脱毛はシミやシワの原因にもなります。顔脱毛の頻度は3週間から1か月に1回程度にします。肌の生まれ変わりは約28日周期なので、この周期に合わせて行うとよいです。

 

脱毛サロンやクリニックでプロに脱毛してもらえば自己処理よりも安全で肌のダメージが少なく、脱毛による乾燥などのトラブルが起こりにくいです。サロンによって顔の脱毛できる部位が違うので、どの部位を脱毛できるか確認してください。

 

産毛は細く色が細いので、ワキなど太く濃い毛よりも脱毛効果が表れるまでに回数が必要です。個人差がありますがサロンの光脱毛なら12回以上、クリニックのレーザー脱毛なら8回程度必要です。