妊娠中や授乳中の方が脱毛を受けられない理由

妊娠中や授乳中の方が脱毛を受けられない理由

妊娠中や授乳中の方は脱毛を受けられないのでしょうか?
女性の気になる脱毛に関しての疑問を調べてみました。

 

 

妊娠中の脱毛は大丈夫?

 

 

よく妊娠している人は脱毛ができるの?と疑問を持つ女性も多いのですが、結論から言うと妊娠中の脱毛エステは受けられません。

 

その理由は脱毛用のレーザーが母体や胎児に影響するということだけではなく、妊娠中の人の肌にトラブルがでやすいという点があります。
妊娠中はホルモンバランスの変動が大きいのでお肌がとても敏感な状態となっています。

 

例えば脱毛用のレーザーやクリームを使用した時に体がかゆくなってしまったり、肌荒れが起きるリスクも高まるのです。
肌トラブルが起こりやすい体に脱毛をすると余計にお肌が荒れたり脱毛の効果も薄れてしまうと言われています。
このような理由から通常サロンでは妊娠中の脱毛は一切断っているようです。

 

その他にも妊娠中の女性の体毛は濃くなる傾向があるので、脱毛をしても脱毛の効果を得られないというケースもあります。
ですので、妊娠中は脱毛サロンを我慢して赤ちゃんを出産してから通うことをおすすめします。

 

また授乳中の女性もサロンによって脱毛を断られる可能性があるようです。

 

やはりこれもホルモンバランスが関係してきますが、実際に脱毛をしたからと言って母体や乳児に影響はでません。

 

母乳をあげている方が脱毛をしようとしていても、医療レーザーで使う脱毛レーザーはメラニンに反応して脱毛を行うわけですが、肌の浅い部分にしかレーザーは届かないようになっているため特に受けたからと言って母乳には影響がないので安心してください。

 

 

 

 

妊娠中の脱毛は母体に負担がかかる

 

 

妊娠中の脱毛で一番気にかかる点は、脱毛のレーザーがお腹の赤ちゃんに悪い影響を与えてしまうのではないか?ということです。
妊娠中は脱毛によって肌や体に負担がかかる可能性が高いので妊娠中の方に脱毛器を当てることができないのです。

 

脱毛時には多少の痛みを伴うのですが、妊婦さんが受けることで陣痛の誘発に繋がるケースもあるようです。

 

また痛みなどの外部の刺激によってストレスがかかり、妊娠中の母体に良くないとされ万が一の為に断っているサロンも多くあります。
どの部分を施術するのかはあまり関係なく、脱毛自体を受けない方が安全だという事です。

 

またVIOラインは大丈夫?と思う女性もいますが、直接赤ちゃんが出てくる場所にもなるので、細菌感染や肌トラブルを避けるためにも脱毛はできません。
また妊娠中の母体は急に気分が悪くなったり体調不良が起こることがあるので、なるべく安静に過ごすことが大事なのです。

 

妊娠初期の段階でも体は不安定になってしまうので、ストレスのかかるような脱毛はやめておきましょう。
妊娠後期になり体が多少安定してきた時期でもおなかが大きい状態のまま長い時間同じような体制でベッドに横になるのは母体の負担となります。

 

 

 

脱毛に通っている最中に妊娠が発覚したら・・・

 

 

脱毛サロンに通っている間に妊娠が発覚したという女性もいると思います。

 

妊娠が分かった直後なら特に母体に負担はかかりませんが、妊娠すると人によっては体調が悪くなることが増えたり、肌の調子が悪くなる人もいるので突然のキャンセルをせざるおえない場合があります。
妊娠が発覚した場合、きちんとサロン側に伝え今後の対策を練っていくことが大事なのです。

 

これは脱毛サロンにもよりますが、妊娠が発覚した時から出産後数か月間は脱毛施術をしないというサロンもあるのです。
脱毛を行う部位で脱毛を行う、行わないを決めるサロンもあるようです。

 

また、サロンによっては回数保証が設けてある脱毛サロンもあり、契約した回数分は必ず受けられる保証のあるシステムです。

 

この保証があれば数年間はいつでも回数分だけ施術を受けられるので、もしも妊娠が発覚して来られなくなってしまっても出産後に足を運べるので安心だと思います。脱毛の契約中に妊娠がわかってもお休みした後に通えば良いのでとても良心的なサービスだと思います。