脱毛する事で体臭を軽減することはできるのか?

脱毛する事で体臭を軽減することはできるのか?

体臭には個人差がありますが、脱毛する事でニオイを軽減する事はできます。
ただし完全にニオイを消すというわけではありません。

 

 

日本人の体臭の特徴について

 

 

日本人は海外の人々に比べると比較的体臭は少ないといわれています。

 

 

これは食事や生活習慣も関係していますが、
日本人の生活が少しずつ変化しているのは事実であり、
体臭も以前とは少し変わってきています。

 

 

 

日本には野菜や魚を中心とした和食文化があります。
さらに毎日お風呂に入り体を清潔に保つという習慣もあるため、体臭は少ない人が多いのです。

 

 

しかし食生活の欧米化や、ファストフードなど食事のスタイルも変わってきています。

 

各家庭に浴室があるのが一般的となっているものの、手軽さからお風呂には入らずシャワーで済ませる人も増えています。
このため比較的体臭が少ないと言われてきた日本人の中にも、体臭が強くなっている傾向があるのです。

 

 

体臭の原因となるほとんどは汗です。

 

 

脱毛と体臭について知っておくこと

 

 

汗はエクリン腺とアポクリン腺という2種類の腺から出ていて、どちらも元々は無臭です。

 

 

エクリン腺から出る汗は、あまりニオイは強くないので洗い流すか、拭き取ればあまり気になりません。

 

 

しかしアポクリン腺から出る汗は、肌や毛の雑菌と混ざり酸化すると強いニオイを放ちます。
アポクリン腺は、ワキ、陰部、耳の穴、おへそや乳首の周りにあるため、この部位は汗をかいてそのままにしておくと、強いニオイになります。

 

 

ワキガはアポクリン腺から出る汗が雑菌と混ざり合い酸化したニオイです。

 

この場合は拭き取ったくらいではニオイが消えません。
毛についた雑菌がニオイを強くする事もあり、脱毛する原因を排除できるため、ニオイが軽減すると言われています。

 

 

ただしこれには個人差があるため、完全なワキガ対策にはなりません。

 

 

脱毛のメリットデメリット

 

 

脱毛する事でニオイを発する原因を減らせるのは確かですが、アポクリン腺から出る汗も人により性質が違うので、脱毛をしてもニオイがほとんど変わらない事もあります。

 

 

特に汗っかきの人は脱毛して毛がなくなった事で、前よりも汗が増えたと感じる事もあるようです。実際に汗の量が変わったわけではなく、毛が無い分汗が直接垂れてしまうからだと考えられます。脱毛すると毛がなくなりニオイが軽減される事もありますが、すべての人がそうとは限らないのです。

 

脱毛した事で、服に汗が染み付きやすくなり、汗ジミや服にワキガ臭が染み付いてしまう事もあります。

 

 

脱毛方法が永久脱毛であった場合は、二度とけは生えてきませんが、光脱毛の場合は時間が経過すると再び毛は生えてきますので、しばらく処理せずにいれば元に戻す事ができます。しかし実際のところ毛はあってもなくてもあまり関係ありません。ニオイの元はアポクリン腺にあるので、完全にニオイを解消したい場合は、手術でアポクリン腺を取り除くしかありません。

 

アポクリン腺を除去する手術でワキガが解消されたという人も多いのですが、完全に撮りきれていないとまた復活してしまう可能性があります。

 

 

これも個人差がありますし、手術をする医師の技術によっても異なります。一応脱毛もニオイを解消するひとつの手段ではありますから、エステに通おうと考えている方は、カウンセリング時にどのくらいまで対応できるか相談しておきましょう。ただしこればかりは個人差が大きいため、人により結果は変わってきます。脱毛サロンに通う場合は、体臭軽減目的よりも、ムダ毛をなくして綺麗な肌になる事を目的とした方がいいかもしれません。

 

 

食事も体臭には影響を与えますから、脱毛以外に食生活の見直しも取り入れていくといいでしょう。脂肪分の多い食事、揚げ物やカロリーが高い物、ニンニクやニラなどニオイの強い食べ物は体臭をキツくします。野菜を多めにして、ニオイが強い食材をさけると体臭にも変化が出てきます。後は常に体を清潔に保つ事、洋服も何度も着まわしをせず、1回着たら洗濯をして清潔にしておきましょう。