VIOラインの脱毛をするとデリケートゾーンのトラブルを予防

VIOラインの脱毛をするとデリケートゾーンのトラブルを予防することができる

VIOラインの脱毛をすると清潔を保ちやすくなり、ムレ、かぶれ、臭いなどのデリケートゾーンのトラブルを予防することができます。

 

しかし、デリケートな部位なので脱毛には注意が必要です。

 

自分で脱毛するときはVラインのみにします。IラインやOラインは手が届きにくく見えにくいため、自己処理をすると傷つける恐れがあります。Vラインを脱毛するときは、まず形を決めます。着る予定がある水着があれば、それを履いてどの部位まで脱毛するか決めましょう。

 

脱毛にはシェーバーを使用します。ワックスや脱毛クリームは刺激になるので使用しないでください。脱毛部位にワセリンを塗って保護し、毛を柔らかくするために蒸しタオルで温めます。同じところを何度も往復しないように一度で剃りましょう。脱毛し終わったら水着やショーツを履いてはみ出さないか確認します。はみ出すようなら再度剃ります。脱毛後は肌が弱くなっているのでワセリンで保護してください。

 

シェービングをすると毛の先端が尖ってチクチクし下着を突き破って見えてしまうことがあります。チクチクするのが嫌な場合はヒートカッターで脱毛します。

 

ヒートカッターは製品によって使い方が違うので取り扱い説明書を必ず読んでください。毛を少量つまんで、毛の根本にコームを当てて毛を焼きます。チリチリした毛が残りますが、軽くこするととれます。

 

IラインやOラインの脱毛はサロンやクリニックでプロにお願いしましょう。デリケートな部位もプロに任せれば安全に脱毛できます。多くのサロンでは光脱毛、クリニックではレーザー脱毛を受けることができます。どちらも肌に直接影響を与えません。人に脱毛してもらうなんて恥ずかしいと思うかもしれませんが、恥ずかしくないように配慮しているサロンやクリニックもあります。専用のショーツを履いて脱毛するので、恥ずかしい方もあまり気になりません。

 

デリケートな部位は体の他の部位に比べて脱毛時に痛みを感じますが、痛くない脱毛方法もあります。